屋上の形|業者に相談を|雨漏り修理は早めに行うのが一番
男女

業者に相談を|雨漏り修理は早めに行うのが一番

屋上の形

男性

屋根は構造上最も雨水を受けやすい場所となっています。そのため、屋根は三角形になっており雨水を流しやすくなっており、流れた雨水は雨樋をつたい排出されます。そんな屋根ですが、中には構造上どうしても雨漏りのリスクが高くなってしまう屋根があります。それが、平屋根と呼ばれるタイプの屋根です。平屋根とは、その名の通りまっ平らな屋根であり、屋上をベランダとして用いることができます。
平屋根は、ベランダとして使用できる他、太陽光の設置もしやすいとメリットは多いのですが、前述したとおり雨水が溜まりやすくなっているので染み込みやすく、雨漏りのリスクは少々高いです。しかし、平屋根にも傾斜はついているので雨樋まで雨水をおくることはできます。しかし、長年平屋根の上で作業をしていると屋根が削れて平べったくなってしまうため、そこに水が溜まりやすくなってしまうのです。
屋上の対策としては、屋上に防水シートをしいておき、その上で作業をするという手段が挙げられます。この防水シートをしくことで防水効果を得られ、屋上に雨水が染み込みにくくなります。そして、防水シートは雨を弾くので屋上の雨樋に雨水を運び、除去することができます。また、すでに屋上に雨水が染み込み雨漏りになっている場合は、業者に依頼をして雨漏り修理を行ってもらいましょう。その後、どうすれば雨漏りを防げるかを業者の人と相談し、アドバイスを貰って雨漏り対策を行いましょう。